2018年4月新卒入社同期:成瀬、倉淵、鈴木、石井、中村、山根

がむしゃらに仕事とヨガに向き合ってきた1年間を振り返って、
今の気持ちをお互いに話してもらいました。
ヨガと仲間、お客様に支えられた1年間。
いつも“初演”の気持ちで、プロとして笑顔で挑み続ける日々。

山あり谷あり。仲間やお客さんに支えられて、乗り越えた1年。

中村 新しい店舗に配属された時、先輩スタッフが本当にすごく素敵な人でした。新人で右も左もわからない状態だったんですけど、きちんとフォローしてくださって、とても支えられました。それがなかったら今まで頑張って来られなかったと思います。

石井 最初の3ヶ月は、1つ乗り越えれば違う課題が出て来て、本当に大変でした。でも、周りに話を聞いてくれる先輩たちがいて、同期とも定期的に会えたので、恵まれていたと思います。新潟の店舗にヘルプに行ったことがあるんですが、スタッフとも仲良くなれましたし、お客さんとの出会いもあって、貴重な経験になりました。1年目で新潟まで行って任せてもらえるなんて、この会社にいなかったらできなかったと思います。

中村 私は、入社2ヵ月目から店舗業務も任されるようになって、すごくいい経験をさせてもらったと思っています。とにかくがむしゃらにやっていましたけど、今それが糧になっていて。 周り人たちがみんな優しくて、「何かあったら言ってね、ヘルプも出すよ」って言ってもらえたのがすごく心強かったです。あとは、「頑張っているよね」って、周りが盛り上げてくれたから、逆に「私、頑張ってる、よし!」って自己肯定感を持つことができたんだと思います。

倉淵 他店舗にヘルプに行く度に、お客さんに「いつでも戻って来てね」とか、「また待っていますね!」とか言って頂けるのがやりがいになっています。異動前の「最後のレッスン」に、仕事を休んでまで受けに来てくださったお客さんがいて、涙が出るほど嬉しかった!

鈴木 本当にこの1年で、お客さんや同僚のスタッフから、愛をたくさんもらったと思います。 あとは同期のみんながいるのが、「よかったな、頑張ろう」って思えます。

成瀬 私は店長から、社会人としての基本だったり、お客さんの接し方だったり、日頃の振る舞いだったり、何から何まで付きっ切りで教えてもらったんです。すごく勉強させて頂きました。今、教えてもらったことを活かして「自分がどうしたいのか」という明確な目標ができたので、とても感謝しています。

お客さんからの声があるから、プロとして貪欲に挑み続けられる

–お客様とは、どのようなつながりができていますか?–

成瀬 「先生のレッスンに来たかったから、今日来ちゃいました」というのは、みんなあると思います。

倉淵 お客さんがいらっしゃる度に、全員でしっかりとお顔と名前を把握します。来店される度に話しかけていますね。そういうことの積み重ねが、いい店舗をつくっていくのかなと思います。

鈴木 それ、本当に大事!!

中村 普段はあまり話さないお客さんが、「今日は仕事終わっていないんですけど、来ちゃいました」ってお話してくださったんです。すごく驚いたんですけど、「ここがそういう居場所になっているのかな」って思えて、嬉しかったです。

山根 私が前にいた店舗にレッスンに行ったんです。その時みんながすごく喜んでくれて、わざわざ会いに来てくれたお客さんもいて本当に温かかった。私にも、帰るホームがあるんだなって思ったんです。

成瀬 それは嬉しいね~。お客さんからしたら、次にいつ会えるかわからないもんね。

倉淵 すごく熱のこもったラブレターを、いただいたことがあります(笑) 今でも大事にとっていて、何か辛いことがあった時に読んで元気をもらっています。

鈴木 前の店舗で、異動する時にお客さんが大きいシフォンケーキ焼いてくれて、それを抱えて持って来てくれました。

石井 1年も経っていないのに、ここまでお客さんがついてくれているのが、自分たちでもびっくりしています!

成瀬 この仕事は、いつも見られているので、立ち振る舞いひとつもすごく意識するようになりました。お水の置き方、タオルの畳み方、座り方といったことが全部、インストラクターの質につながっていて、プロとしても、女性としても成長していきたいです。

倉淵 お客さんからアンケートをとっているんですけど、すごく貴重な財産になっています。

成瀬 自分のレッスンが正解なのかどうか、客観的に見てもらわないとわからないんです。アンケートができて、どこを良くすればいいのか、自分の強みはどこなのかがわかって、強みをもっと伸ばせるように勉強しようと頑張れるようになりました。

中村 アンケート、いいよね!単純に「5」もらえると、嬉しいし、次も頑張ろうと思える。

一同 わかる~(笑)

鈴木 私たちの仕事って、お客さんがいて評価してもらって成り立っているし、きちんと意見として形になると自信にもなるよね。

石井 時には厳しい感想をもらうこともあるけど、自分の評価が直に返ってきて、意見をもらえる仕事、他には中々ないと思う。とてもありがたいです。

ヨガを通じて、自分にも向き合えるようになった。

―ヨガを仕事にして、良かったなと思うことは?–

鈴木 ヨガをやり始めたことで、精神が安定してきたというか、穏やかになりました。

中村 切羽詰まった時でも、一呼吸置いて、集中してやり直そうと思えるようになったり。

成瀬 すごいわかる。動揺しそうになった時も、ふーって、心を沈めさせて話す。立ち止まって、「ちょっと待って、考えてみよう」と思えるようになりました。これは本当にヨガ様のおかげです(笑)

中村 これまで自分の意見を中々言えなかったんですが、アミーダでヨガを始めてから「このままの自分でいいんだ」と思えるようになってきました。ヨガで自分と向き合う時間があるからなのかな、自己肯定感がついて意見も言えるようになりました。

石井 ヨガの魅力は、自分と向き合えるところです。日々の業務で大変なことがあってもレッスンの時間はヨガだけに集中できる。「レッスン楽しみだなー」と思ってやれています。

山根 私は、スタジオのドアを開けたら、スイッチが入ります。以前、レッスン直前まで店舗業務をしていて、レッスンに入ってしまった時があって。集中できていなかったことが、結局お客さんに伝わっていた。お客さんが自分のレッスンに来てくれているのに、自分の焦った心境を伝えちゃって、「私、何をしているんだろう」と思って、すごく後悔した経験があります。それからはレッスン開始前に落ち着いた時間をとるようにしています。

倉淵 私も、レッスンが始まる10分前には、スタッフルームで頭を落ち着かせる時間をとっています。

いつも初演の気持ちで。ハッピーが伝わる、見本となる存在になりたい。

–これからの目標を教えてください。–

成瀬 これからは、店舗を自分が管理する立場になるんです。売上は落とさずに今を超えるくらいの気持ちで運営していきたいです。簡単にはいかないですけど、お客様一人ひとりと向き合って、コミュニケーションを大事にしたいと思っています。 後輩に対しては、まずは自分が見本を見せるようにしたい。ポステイングやって欲しいなら自分がやるとか。

鈴木 私は、自分がどんなに忙しくても、余裕がある先輩になりたいです。

山根 私はあこがれている店長さんがいるので、その方みたいになりたいと思っています。 もちろん、お客さんにもとても信頼されているんですけど、スタッフに対しても「健康でみんなが働きやすい、よりよい環境にしたい」という信念を持っている方。忙しい中でも、一人一人と向き合う時間をすごく大事にされています。店舗にヘルプに来てくれたスタッフには、最後に必ず盛大に「ありがとう」を伝えてくれていました。

倉淵 私も尊敬している先輩がいます。すごくポジティブで、どんなに辛い時でも前向きに捉えられる方。これまで本当に色々なことを教わって、その方がいたからここまで成長できたと思っています。私もそんな先輩のようになれるように、頑張りたいと思います。

中村 私はこれまでは、とにかく毎日必死だったので、これからは自分の中でもっとヨガを深めていきたいです。そしてそれを、もっとうまくお客さんに伝えるにはどうしたらいいかを考えて、この1年間はやっていきたいと思っています。

石井 私は、ハッピーを伝播できる人になりたいです。

鈴木 いいね~!毎回のレッスンを初演だと思って臨みたいです。そして、お客さんやスタッフに対して、ハッピーな感情を持ってもらえるような存在になりたいと思っています。

先輩たちの声

-先輩たちの声--
未経験からスタートする方が9割!ヨガインストラクターを目指せるアミーダの魅力。
いつも“初演”の気持ちで!
お客さんと創る、アットホームな店舗を目指して
本部初の女性マネージャー
活力ある組織づくりの源泉

JOB OFFER

-募集情報-

ヨガインストラクター 新卒採用

ヨガインストラクター 中途採用

本部スタッフ

フロント・受付スタッフ

ヨガインストラクター高卒採用